中性脂肪を運動で下げることは不可能ではありませんが、三日坊主にならないよう、長期間日課として日常生活に取り入れていくことがポイントになるでしょう。 中性脂肪に効果があるのは、無酸素運動よりも有酸素運動です。 有酸素運動は体に負担のかかりにくい、時間をかけて行う運動で、ウォーキングが有酸素運動の代表的な運動方法です。 ウォーキングは自分のペースで無理なく行うことができますし、ランニングのように息が切れるほど走りこむようなこともしません。 また、道具を必要としませんので、いつでもお金をかけずに始めることができます。 週に3日〜4日程度からでもいいですが、必ず20分以上行いましょう。 20分経過すると脂肪を燃焼し始めますので、中性脂肪を下げることにもつながります。 ただし、数日間だけでは効果がありませんから、日常生活に上手に取り入れながら、日課にしていきましょう。 中性脂肪を下げることにもつながりますし、ダイエットにもなる他、運動が日課になることによって健康促進効果も期待できます。